ITW Global Tire Repairにおける試験機能。

自動車は、スピード、距離、タイヤ圧、タイヤ温度を正確に監視する最先端の計測装置を備えています。これら装置で生成されたデータは、シーラントがタイヤ内でどのように機能しているかを正確に伝えてくれ、当社は開発に注力することができます。

カスタムハブが取り付けられたタイヤに古いシーラントを注入。

環境チャンバー。

ITW Global Tire Repairは、当社全製品の試験に温度/湿度チャンバーを使用しています。当社の環境チャンバーは、10フィートx10フィートの大きさです。当社のウォークインチャンバーモデルは、極低温および高温試験に使用されます。お客様の製品を極低温および高温試験するシミュレーションニーズについては当社までお問い合わせください。ITW Global Tire Repairのアプリケーションエンジニアが、お客様の仕様に対して最適に設計された温度/湿度試験要求条件の選択をサポートします。

チャンバー温度範囲:
-40°C ~ +70°C (最高 90ºC)
熱サイクリング

低速マシン

適用
1.6~32km/h
負荷4~2224N
小型トレーラータイヤ、オートバイ、自転車

シングルポジションタイヤ試験機

適用:
1.6~96km/h
負荷4~11121N
タイヤ直径 14インチ ~ 33インチ

業界をリードするタイヤおよびホイール試験所により設計、制作された当社のシングルポジションタイヤ試験機は、OEM仕様の取り扱いに対応できます。

その堅牢なコンポーネントは、極端な条件に対応し、一貫性のある信頼できる結果を提供します。

その他の試験機能。

- 熱サイクリング
- パンク
- 持久力
- 耐化学性試験
- デューティサイクル試験
- 耐久性
- 騒音および振動
- 環境条件
- 化学分析
- 材料互換性
- 人工時効
- 固形物量
- 凝固点
- 出荷試験– 落下、破裂、振動
- 伸張
- 引張強度
- 硬度
- 脆性
- CE/C-tick
- 熱衝撃試験
- RoHS
- GADSL
- IMDS
- pH
- 粘性プロファイリング
- QUV